手塚千砂子のおしゃべり

もうすぐ 春ですねぇ〜    2017年3月3日


   講演会で いただいた 花束です。
   いつもと ちょっと違う 趣(おもむき)の 写真を 載せてみました。

   大き過ぎない この花束は 持ち帰るのに ラクでした。
   長く私の部屋で 楽しませてくれました。 ありがとう〜〜〜

 

お久しぶりです。
いろいろ事情があって 2カ月も ご無沙汰してしまいました!

 その代わり と言うのもなんですが、新刊を出しましたので、お許しくださいね。
書名は 「ほめ日記 自分を味方にする法則」(三五館)です。 

 皆さんは お変わりありませんか。 今年の冬は寒かったり 温かかったり気温の差が激しくて、皆さんの体さん、 戸惑ったことでしょう。雪や風も 酷かったですねえ。 

 でも、 3月の声を聴くと さすが 近所の梅の木は満開の花を咲かせているし、 メジロやヒヨドリもこの頃は楽しそうに飛び回っています。

今日は桃の節句、 ウキウキしますね。

〜〜〜

 1月のセミナー(ステップ1) を受講されたY.Yさんの ご報告の一部を皆さんに シェアさせていただきます。

〜〜〜〜
 変わったな、と思うことは、 いろいろあります。その中の一つに、インターネットを見る時間がグッと減ったことが、挙げられます。

 以前は見る必要がないのに、何か良い情報はないか? とありもしない何かを必死に追っていました。現在はダラダラと見る時もありますが、ある程度時間が経つと「もうやめよう」とあっさり止めるようになりました。

 時間を大切にする気持ちが強くなったので、メルマガも解除しました。

 運を上げたい!! と必死の思いで登録していたものがあり、、解除したら何か情報を見逃すかもしれないという不安から、そのままにしていました。

必要な時に情報はやってくる!! と信じることにして解除しました。

 何より、「ほめ日記」を書いていれば 「引き寄せ」は起こるので、わざわざ必死になって読まなくてもいいな、と思っています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 Y.Yさん、 あっという間に 軸がピンとしてきましたね。 すばらしいです!

 スッテプ1 のセミナーは 次回は35日。 これはもう締め切りですがその次は 5です。 ご関心のある方は ご参加ください。

〜〜〜〜

 つぼみさんから、 次のご質問がありました。

★質問A マイナスな感情にとらわている時、引きずっている時、私は
出来事を書く
受け止めの言葉
プラスの方向へ持っていく言葉
ほめ言葉
ほめじゅもん

という感じで書いているのですが、こんな感じで良いのでしようか?

★質問B 「こんな自分になりたい」 という自己実現を書く時には「○○になる」と書いて、ほめ言葉+ほめじゅもんを書く形で、いいのでしようか?

 
 私は今まで手塚さんの本を読み、一人で頑張っていました。ですが本を読んでいても1人では不安になってしまいます。頼れる場所がここしかなく、勇気を出して質問させていただきました。

〜〜〜〜〜〜

 つぼみさん、 お一人で頑張っていらしてエライ! ですね。

質問のAについて――

 基本的に、これでOKですよ。 私の本をよく読んでいただいていますね。

ご注意としては ,僚侏荵 については、詳しく書かないで、 1行〜2行にまとめるようにしましょう。

 また、この切り替えについては、 「ほめ日記」には書かずに、 別のノートを用意しましょう。


質問のBについて――

 その通りです。「・・・になる」 と断定するのがいいですね。
「ほめじゅ文」も 繰り返し、声を出して唱えてくださいね。

 自己実現を楽しみにしながら、前に進みましょう。つぼみさんの実現を祈っています!



 春になると、気になるのが花粉ですね。 花粉症の方はじょうずに対処して、気持の良いこと” に意識を向けるようにして、快適にお過ごしください。

 これから、木々が芽吹き、 植物の生命エネルギーが爆発する勢いになってきます。 私たち人間も、植物のエネルギーをもらってワクワクする季節です。 

 あなたも どうぞ命を輝かせて、日々をお過ごしくださいね。
 皆さまのお幸せをお祈りしています。

〜〜〜〜〜

次回のセミナーは 3月5日(日)10:00〜17;00 です。

http://sepa-t.my.coocan.jp/jhaks1.htm

「ほめ日記サポーター」の認定を受けられます。
詳細はコチラ(自己尊重プラクティス協会)をご覧ください。
http://sepa-t.my.coocan.jp/

気持が沈んだら 「ほめソング」を聞いて 元気になってください。 
  Youtubeでお聞きください。↓
https://www.youtube.com/watch?v=wKJPKHhk8tw

ブログもやっています。ご愛読ありがとうございます。
  URL →  http://ameblo.jp/homecchi/

 読者になってくださいね。二つのランキングのボタンと
「いいね」ボタンを 一日一回 押してくださ〜い。

ホメッチ
コメントもお待ちしています。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪



――おめでとうございます――20171月5日

  ↑  ↑

 初日の出 の写真を 絵美さんが送って下さいました。
 
 群馬県邑楽郡  右に光っているのは 利根川



 

            ↑  ↑

            三重県四日市市  みつ子さんが 送って下さいました。

        川は、内部川(うつべがわ)。

        鈴鹿川と合流し、伊勢湾に注ぎます。

           明けましておめでとう ございます

          今年もより良い一年でありますように〜

          ご多幸を 心からお祈りいたします。

東京は 3が日とも いいお天気で 温かく 過ごしやすかったです。

皆さんの地域は いかがでしたか。

 
 お正月は、 日常と違う生活になる人が多いと思います。 そうすると、日ごろは気が付かない自分の変化に、「あれっ、こういうこと、今までなかった」 と、気が付くことがあります。

もとの生活パターンに戻って、周りが静かになったら、「プラスの変化、気づき、自分新発見」 に目を向けて、ほめ日記に書きましょう。

 小さな変化も、大切な新発見です。見落とさないようにしてくださいね。

 
 それから、新年にしていただきたいのは、
「今年の私は こうありたい」 という目標を 「ほめ日記」 に書くこと、です。

☆ 今年は こういうで ありたい。

☆ こういうで ありたい。

☆ 自分の中から、こういうを 出したい。

この3点をまず書いて、 しっかり自分に言い聞かせます。そのあとで、 生活面や仕事面の目標を書いておきましょう。

10%でも15%でも 目標に近づいていたら、「ほめ日記」に忘れずに書きます。

ほめながら、励ましながら、自分を引っ張っていくのですよ〜

 そうすると、年末にはかなり満足のいく結果を出せるはずです。自分の成長を楽しみながら、頑張りましょう。

 これは、私の「個人レッスン」や カウンセリングにいらっしゃる方には、必ずやっていただく課題です。

 年末には 「だいたい実現しました」 という お声をほとんどの方から 頂きます。 もちろん、
「ほめ日記」の 継続が 条件ですよ。

 
 3日の私のブログにも Reikoさんから次のコメントがありました。


 「私は、昨年の目標も、ほとんど実現することが出来ました。

やはり、毎日の『ほめ日記』の継続や、『ほめじゅ文』で自分を励まし続けたので、できたことだと思います。

今年も、新しい自分に出会える事を楽しみながら、自分を成長させて、努力し続けます」

 すばらしいですね。
 
今年の年末は、あなたからも、このようなコメントを いただきたいです!! ^0^)/


 風邪をひかないように 温かくしてお過ごしくださいね。

あなたからのお便り、コメント等もお待ちしています


 〜〜〜〜〜

次回のセミナーは、1月15日(日)10:00〜17;00 です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今年のあなたは 金メダル――201612月28日

 

 山茶花(さざんか)が 真っ盛りです。

 寒い冬の季節に 華やかに咲きほこる山茶花は
 私の好きな花の 一つです。
 近くの公園で 撮りました。

 私たちの心も 寒さに負けず、赤い炎を 燃やしていたいですね。

 今年一年分の「ほめてあげること」 を、もう「ほめ日記」に書きましたか。

余裕があったら、 「自分や家族に起きたプラスのこと」も 書き留めて、自分や家族、見えない力に対して感謝の気持ちも書いておくと、 心が温かくなって、ますます今年一年が 実りのある年だったと実感できると思います。

一年分の自分の成長も、忘れずに書いて 金メダルを あげてくださいね。

〜〜〜〜 
 前回の「命の声を聴きましょう」を読んで下さったKWさんから 感想のお便りをいただきました。

 大切なことが書いてありましたので、ご紹介します。

〜〜〜

こんにちは。 先生のホームページの記事を読ませていただきました。
イチョウの写真がとっても綺麗でした。目の保養になりました。


 空ちゃんのお話、涙が出そうになりました。

 わたしは長男が赤ちゃんの時に「抱っこ法」という育児法に出会い、長男と何度もそこのセッションに通いました。

 初めてのセッションの時に、トレーナーの先生が「この子はあなたのために生まれてきた。」とおっしゃったんです。
その言葉は衝撃的でした。それまでなんとなく育てていた我が子のことが、とてもかけがえのない存在なんだと初めて気付きました。

 そう思って我が子と接していると、「わたしが笑えば、息子も笑い、わたしが喜べば、息子も喜ぶ。」ということに気付きました。

 わたしのために生まれ、一生懸命生きてくれている大切な我が子なんだと感動しました。そして、親になれたというのは有難いな、と思いました。


ただ、残念なことに、以前のわたしは自己尊重感がとても低く、自分が大嫌いだったので、そんな息子の愛も受け取れなかったので

 「ほめ日記」に出会って、初めて、息子の愛を少しずつ受け取れるようになってきました。

 そういう経緯があるので、空ちゃんの気持ちのことを、わたしは本物だと思います。子供はみんな親思いの尊い存在だと信じています。

 子育ては大変で、はっきり言って面倒くさいことがたくさんあります。ですが、
子供の親への愛を感じるからこそ、そんな大変なことができるのだと思います。
  

 ただ、子供の愛を感じて、それに応じることができるには、親の中に自分自身への愛がないとできません。

 親の自分自身への愛を育てるには「ほめ日記」がとってもとっても有効です。

 「ほめ日記」でわたしは救われました。これからも「ほめ日記」を書き続けて、自分自身への愛をもっともっと大きくしていきます。

 手塚先生、ありがとうございました。
〜〜〜〜〜

 KWさん、こちらこそ お便りありがとうございました。自分に対する愛を育てながら、子どもさんと向き合えたこと、 良かったですね

社会の子ども達が みんな幸せに育ってほしいですね。 そのためにはお母さんが、自分を愛し、自分を大切にするという視点を忘れないことです。


今年も一年、私のHPをご覧いただき、ありがとうございました。お便りやコメントを下さった皆さん、ありがとうございました。私の励みになっています。
来年も 皆さまと共に、成長しながら充実した一年にしたいと思います。

皆さんにとって、2017年も 実りの多い 幸せな年でありますように、心から お祈り申し上げます

〜〜〜〜〜

次回のセミナーは、1月15日(日)10:00〜17;00 です。

http://sepa-t.my.coocan.jp/jhaks1.htm

「ほめ日記サポーター」の認定を受けられます。
詳細はコチラ(自己尊重プラクティス協会)をご覧ください。
http://sepa-t.my.coocan.jp/

気持が沈んだら 「ほめソング」を聞いて 元気になってください。 
  Youtubeでお聞きください。↓
https://www.youtube.com/watch?v=wKJPKHhk8tw

ブログもやっています。ご愛読ありがとうございます。
  URL →  http://ameblo.jp/homecchi/

 読者になってくださいね。二つのランキングのボタンと
「いいね」ボタンを 一日一回 押してくださ〜い。

ホメッチ
コメントもお待ちしています。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪

 


“命の声”を 聴きましょう――201612月16日

 

仕事の合間に いつものサイクリング・コースを走ってきました。

毎日、パソコン画面ばかり見ている私の目に、イチョウの落ち葉の鮮やかな色は、
まぶしいほど美しく写りました。

しばらく うっとりと眺め、そしてパチリ。 

天然自然の色あいの美しさに、改めて感動します。

〜〜〜

あっと言う間に今年も終わりそうですね。 今年はどんな年でしたか。

一年を振り返って(あるいは、「ほめ日記」を読み返して)、「今年一年の自分」の成長をほめ讃えて、「ほめ日記」にまとめておくといいですね。そうすると、今年一年が充実していたという思いに満たされると思います。

そして、また「来年も もっと成長し、幸せな年にする」という気持ちで、新しい年を迎えられると思います。

くれぐれも、「たいしたこと なかった」などと思わないように、お願いします。同じ出来事でも、見方、考え方しだいで、プラスにもマイナスにもなる――

ということは、「ほめ日記」を書いている皆さんなら実感されていると思います。

〜〜〜〜

Tさんの娘さん(小1)は、不思議な力をもった子どもさんです。生まれる前のことを覚えていて、ママやパパに話すことがあるそうです。

その子供さん・空ちゃん(仮名)は、Tさんが「ほめ日記」を書き始めた4歳のときに、まねをして「ほめ日記」を書き始めたそうです。すると、それまで以上に、いろいろ生まれる前のことなどを話すようになりました。

最近 Tさんにいただいたお手紙に 次のようなことが書いてありました。

ほめ日記」に出会えて、家族が それぞれがいい方へと導かれているのを感じます。

娘は「ほめ日記」を書き続け、命サンから「えらいよ〜」という声が聞こえたり、木や花の声が聞こえたり・・・天使の姿や声も 分かるようになったそうです

以前、「あたしは人のことばかり大切にしちゃうから、このお母さんなら、自分を大切にすることを教えてくれそうだと思ったの」と、話していました。

「お母さんが幸せになったら、あたしもやっと安心出来る」 というようなことも伝えてくれたので、 まずは私が幸せであること、自分を尊重してイキイキと生きることが大切なんだと痛感しました。

手塚先生、スバラシイ学びをありがとうございます。

〜〜〜〜

 空ちゃん自身が、天使のようなお子さんですね。 大きくなったら、どんなことを話すのでしょうね。

 空ちゃんは 私のセミナーに出たいと言っているそうですが、「もう少し大きくなるまで待って」 と、待って、もらっています ^0^)

 私が「ほめ日記」を書いている方を対象に行なっているセミナーでは、「命の体感トレーニング」というものを行なっています。その時に「命の声」(命からのメッセージ)をキャッチする人もいらっしゃいます。

例えば、最近では次のような報告が届いています。

「トレーニング中、お腹のあたりが温かくなって、軽くなり、身体と気持ちが一つになったような気がした。

そして 『大丈夫!』 という声が 命の中から聞こえた時、安心感が胸いっぱい広がって涙がこぼれた。 その後、自分をいとしいと感じる気持ちが湧いてきた」
(YHさん/50代)


 「先生のリードする声を聴いていると、なぜだか無意識に涙があふれてきた。そして私の中から、『自分らしくイキイキと生きようね。生きているだけで、かけがえのない命。あなたの代わりはどこにもいない・・・』 という、メッセージが来た。

この言葉に、私は魂が揺さぶられる感じがし、いつまでも心に響いていた。まずは、「命の声を聴く自己尊重トレーニング」を修得し、私の周りにも広げたいと強く思った」
(OJさん/30代)

〜〜〜〜

 空ちゃんのように 先天的に不思議な力を持っている人でなくても、普通のオトナの人でも、「命」 からのメッセージを受け取ることができるのですよ。

それにはちょっとしたコツがあります。

私のセミナーでは、そんなことも体験していただいています。
関心のある方は、ぜひご参加ください。


今年も一年、よく働いてくれた感謝し、よく生きたほめたたえお幸せにお過ごしくださいね〜
皆さまのお幸せを念じています。

〜〜〜〜〜

次回のセミナーは、1月15日(日)10:00〜17;00 です。

http://sepa-t.my.coocan.jp/jhaks1.htm

「ほめ日記サポーター」の認定を受けられます。
詳細はコチラ(自己尊重プラクティス協会)をご覧ください。
http://sepa-t.my.coocan.jp/

気持が沈んだら 「ほめソング」を聞いて 元気になってください。 
  Youtubeでお聞きください。↓
https://www.youtube.com/watch?v=wKJPKHhk8tw

ブログもやっています。ご愛読ありがとうございます。
  URL →  http://ameblo.jp/homecchi/

 読者になってくださいね。二つのランキングのボタンと
「いいね」ボタンを 一日一回 押してくださ〜い。

ホメッチほめっちボタンも 復活しました!
コメントもお待ちしています。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪




自分の癖を直すには――20161120




東京で みかんが たわわに実りました。

私のうちの 近所のお宅の みかんの木は 今年は豊作でした。バスやトラックが走っている大通り沿いで、 排気ガスを吸いながら、こんなに豊作だったのは、 どうやら今年の気候の影響のようです。 

みかんたち、がんばったね〜 と声を掛けながらシャッターを押しました。 

〜〜〜
 お久しぶりです。 個人セッション等の毎日の仕事に加えて、2冊の本の執筆に追われてしまい、長く 間を空けてしまいました。
でも、ブログだけは毎日更新していました。 読者の皆さん 読んで下さっていたでしょうか。

1111日の私のブログに 「みるみる変化する自分に」 と題して記事を書きました。

30数年間、 不安と孤独の暗闇を 生きてきたLさんの「希望の光を見つけた」という お手紙の一部を紹介しました。


「自分で自分が分からず、 人と接すればトラブルの連続、消えてしまいたいと ずっとずっと 思ってきました。

自己啓発セミナーの ハシゴもしました。 でも、 何も変わらず、 自分のことが 嫌いなまま 生きてきました。

最近になって 手塚先生の本に辿り着き、私が生きにくい原因は これ(自己否定)だったのだと 初めて分かりました。

家庭環境のせいで、 子どもの頃から 自己否定を続けてきたので、 普通に 人間関係を築けなくなり、子どもの頃は ウソをついて 関心を集め、 トラブルを起こし・・・。大人になってからも 自信がないので 誰かに依存、執着して、 トラブルを起こす――というくり返しでした」

と いうLさんが 「ほめ日記」 を書き始め、 一カ月近くで みるみる 変化していった――という記事でした。

〜〜〜
この記事に対して、 truetearsさんから次のコメントがありました。

初めてコメントします。以前からブログを時々読んでいたのですが、今日はウソについて書いてあり驚きました。

僕も、つい、見栄を張ったり、ウソを言ってします癖があるのです。だからウソを平気でスラスラ言える僕がほめても、他の人と比べてあんまり効果がないのかも・・・と思っていました。

でも、前を向いてほめ続けていきます! 効果がでたらまた報告します。
ありがとうございました。

〜〜〜

そこで、今日は「ウソを言ってしまう癖を直す方法」について、書きますネ。

truetearsさんは、とても素直な方だと思います。初めから人をだまして利益を得ようというわけではなく、日常的についカッコつけてウソを言ってしまうタイプなのだと思います。

多かれ少なかれ、ちょっと見栄をはってウソを言うことは、誰にでもあるように思いますが、その度合いがtruetearsさんの場合、多いのかもしれませんね。

そうなった理由はいくつか考えられるのですが、今日はそのことは置いておいて――

まず、「ほめ日記」ですが――

・ほめ日記の最初のページに「私は誠実に人と向き合える」と、書いておきます。

・人と話しながら「あっ、ウソを言っちゃった」と気が付いたら、気が付いたことを「ほめ日記」に書いて、よく気が付いたね、気が付くことは改善の第一歩だよ」とほめます。 ウソを言ったことをほめるのではありませんよ。

・そして、「次からは誠実に話ができるよ、大丈夫だよ」と励ましの言葉を書きます。

・同じことを何回繰り返してもいいので、続けます。

・そのうち、ウソを言いたくなっても言わなくなってきます。その時は必ず何回もほめてください。

・その繰り返しで、脳に「誠実に話す」習慣がつきますので、ウソをつかない人になります。

それ以外にも プラス面をどんどんほめて、「ほめ日記」に書いてくださいね。

世の中に、完全な人はいないのですから、あまり潔癖に考えすぎず、でも「誠実な人になることを目指して努力しましょう。幸せが 少し先で待っていますよ。

「ウソも方便」という言い方がありますね。 これは相手を傷つけないように言うウソは、言ってもOKということです。

「ほめ日記」を書いていると、生まれた時の無垢な自分=本来の自分に戻ることができます。
自分が直したいと思うマイナスのクセは、この要領で行なっていただくと、改善します。

日に日に寒くなりますね。 皆さま、どうぞ風邪をひかないように、体調に気を配ってお過ごし下さい。
お幸せをお祈りしております。

〜〜〜〜
自己尊重プラクティス協会 のHPも ご覧ください。http://sepa-t.my.coocan.jp/jhaks1.htm

気持が沈んだら 「ほめソング」を聞いて 元気になってください。 
  Youtubeでお聞きください。↓
https://www.youtube.com/watch?v=wKJPKHhk8tw

ブログもやっています。ご愛読ありがとうございます。
  URL →  http://ameblo.jp/homecchi/

 読者になってくださいね。二つのランキングのボタンと
「いいね」ボタンを 一日一回 押してくださ〜い。

ホメッチほめっちボタンも 復活しました!
コメントもお待ちしています。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




――命の声を 聴いていますか――
2016年9月28日

 北海道石狩市に行ってきました

ホテルのすぐ近く、仕事前に散歩に出たら、 
こんな北海道らしい風景が 広がっていました!

広い空の下、 大自然の中に立つと 雑念が消えて、
自分の命も 大きく深く、そして天に つながっているという 
実感が湧いてきます。

 

ナナカマドの実が、真っ赤に色づいていました。 葉っぱはこれから色づくようです。 


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

中学生を中心にした30人ほどの子どもたちと、「命の声を聴くワークショップ」を行いました。

 これは自己尊重感を育てるプログラムで、大人の人を対象に行うものと 同じものです。

さて、みなさん、 大人と子どもと同じワークを行なって、どのような違いがあると思いますか。 「子ども達には難しいでしょう」と、思う人が多いのですが、そうではありません。

 「命の声」をキャッチするのは、子どものほうが上手なのです。それだけ雑念が少ない――ということなのか、 それとも汚れた想念を心にまだ蓄積していない――ということなのか、 たぶん、その両方ではないかと私は思っています。


 「あなたの命に感謝を伝えたとき、命から、何かメッセージがありましたか」 という質問に 「特にない」「よくわからなかった」という人もいましたが、ほとんどの子ども達は キャッチできたようです。
 ご参考までに ご紹介しますね。

「どういたしまして――といったように感じた」
「頑張っているね――とメッセージがきこえた」
「もっともっと この体を大事にしてね。このさきもよろしく」
「これからもよろしく」
「自分のいいところをのばしてね」
「少しでも長く生きろ」
「これからも頑張って生きていこう」
「ありがとう」(ありがとうと命に伝えたら、ありがとうと返事がきた)
「もう少し きんちょうをほぐして。自分の心にすなおに。
いやなコトははっきり言おうね――の3つ メッセージがありました」
「今後も頑張りたまえ」
「自分の命も、他の人の命も大切にしてね――というメッセージがありました」
「これからも頑張ってね――というメッセージが届いたように思う」

 それから こんなふうに感じた子ども達もいました。

「じんじん来た。あたたかくなっていた」
「メッセージはなかったけど、何か変わった」
「なんとなくありました」
「パワーを感じた」
「感じ取れなかったけど、あったと思う」

などでした。

〜〜〜〜
 子ども達の素直な心に触れると、私の方までピュアな大空のような気持になってきます

 子ども達には、自分の命に感謝し、静かに耳を傾けると「メッセージが届く」ということを、肌感覚で覚えてもらえたと思います。
 自分の命に意識を向けることが、どれほど大切なことか、子ども達は今はわからなくても、大人になって気が付くだろうと思います。その時のための“タネ”は、まいておいてあげたいと、私は常々思っています。

 私の、CD[たいせつなあなたへ]は 命のへの感謝を伝えるため、私が誘導しているCDです。お手元に 眠らせている方は、どうぞ 取り出して、たまにはやってみてくださいね〜。(当サイトでも販売しています)

 また、私のセミナーでも命の声聞く「命の体感トレーニング」を行なっています。次回のセミナー「ステップ1」は 11月6日(日)です。ご参考まで。

〜〜〜
 台風の多い夏でしたね。 被害を受けた地域の方は、大変でしたね。 もうすぐ10月になるというのに、東京の今日は夏のように暑いです。 気象の異常は身体や心にも、マイナスの影響を与えますから、みなさん、ご自分の心と体に注意を向けて、やさしく接してくださいね〜(^^
 皆さまのお幸せと、命の喜びをお祈りしています。

〜〜〜 
手塚千砂子のセミナー「ステップ1」は、11月6日(日)です。
関心のある方は 自己尊重プラクティス協会のHPを ご覧ください。
詳細はコチラ(自己尊重プラクティス協会)をご覧ください。http://sepa-t.my.coocan.jp/jhaks1.htm

気持が沈んだら 「ほめソング」を聞いて 元気になってください。 
  Youtubeでお聞きください。↓
https://www.youtube.com/watch?v=wKJPKHhk8tw

ブログもやっています。ご愛読ありがとうございます。
  URL →  http://ameblo.jp/homecchi/

 読者になってくださいね。二つのランキングのボタンと
「いいね」ボタンを 一日一回 押してくださ〜い。

ホメッチほめっちボタンも 復活しました!
コメントもお待ちしています。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



――自分を信じて前に進む!―
 2016年8月25日

 

 夏には 黄色の花が よくマッチしますね。

ウォーキング中に 見つけました。


〜〜〜〜
お久しぶりです。

ご無沙汰してすみません。

体調を崩しているのでは? とご心配くださった方もいらっしゃいましたが、

私はとても元気にしております。(暑さで 体がシャキシャキ動かない時もありますが)。

実は “書く仕事”がたくさんあって、夏休みもなく“うれしい悲鳴”をあげていました!

ようやく あちらもこちらも一区切りついて、 これから少しは夏を楽しめそうです。HPの原稿も元のペースに戻しますね。

〜〜〜

私はこの夏、小学校の先生に読んでいただきたい本の執筆に時間を費やしていました

「トライアングルほめ日記」 という、子どもが書く「ほめ日記」に、担任の先生と親御さん(保護者)が「ほめコメント」を書く、というプログラムの実践書です。

3人の小学校の先生と協働の本作りです。「この本が全国の先生方の手に届く」と想像すると、喜びがわいてきて、わくわく、ニコニコ、表情筋がゆるみます。

この本については、またの機会に書きますね。

〜〜〜

今日は、私のセミナー(7月に実施)に参加された 30代の女性からいただいたお便りの一部をご紹介します。

T代さんは、自律神経のバランスを崩して、しばらく休職されています。

自己否定感やマイナス感情が強くなって、子どもさんやご主人との関係も、とても苦しいものになっていたようです。

〜〜〜

幸せを感じられなかった私が、家族で夕食を食べられるだけで幸せを感じられるようになりました。

5月、6月は夫とケンカばかりで苦しい毎日だったのに、セミナーに行ってからは大ケンカはしていません。小さいケンカも数回だけです。

「命の声を聴く体感トレーニング」で、自分の命に感謝し、心と体がリラックスできるのがいいようです。

心がもやもやしていたら、「ほめ日記」を書けばもやもやが和らぐので、「体感トレーニング」と「ほめ日記」を合わせてすれば、心は穏やかになり、気持ちに余裕ができるので、夫とのケンカは減るし、イライラは減るし、子どもを怒ることもなくなります。

完璧主義者だった私が、「ほめ日記効果で」で、減点法ではなく、加点法に慣れてきたことも大きいです。

家事がこなせなくても、これはできたもん! と思えるようになりました。

「ほめ日記」と「体感トレーニング」を続けることで、私は すごくすごく、いろんな変化を体験しました

否定的な思いが出てきても、自分否定や責めを受け止めて、思い直しができるようになりました。

「自分を信じて前に進む!」ことができるようになったことが、一番大きなことだと思います。

「自分を信じる」が核にあることで、強くなれるし、何にでも応用できるので、やりたいことが何でもできるようになりつつあります。
社会復帰も近づいてきたと感じています。

〜〜〜〜〜〜〜〜

M代さん、コツコツと努力されて、よくここまで到達されましたね。ここまで来れば、もう安心だと思います。 あとは続ければいいだけですね。
一日も早い回復をお祈りしています。

「ほめ日記」は、自己尊重感が高くなりますから、“症状”が改善するだけでなく、命がもっている多くのチカラが表面化するので、 「症状がなかったころに戻る」だけではなく、以前には気が付いていなかった才能を発見したり、興味や嗜好の方向が変わってきたり、以前より豊かな内面、豊かな自分と出会うことができます。

さらに、私のセミナーで体験していただいている「命の体感トレーニング」との併用によって、命の深さや無限性なども、理屈抜きに肌感覚で知っていただけるので、自分への信頼感や愛おしさを短期間で味わうことができます。

〜〜〜〜
「命の体感トレーニング」については、トップページの「CDの紹介」をクリックしてご覧になってください。このCDが「体感トレーニング」を誘導するものです。

 〜〜〜〜
たとえ「今」、人生がうまくいっていなくても、悲観することはありません。あなたの命はあなたが「あなたらしく幸せに生きるための力」をちゃんと持っています。

その力をいかに引き出すか、です。その最良の方法が「ほめ日記」です。 あきらめず、否定せず、 希望をもって前に進みましょう。

まだまだ暑さは続くようです。どうぞ、無理をしないで、お元気にお過ごしくださいね〜
皆さまのお幸せをお祈りしています。


なお、手塚千砂子のセミナー「ステップ1」は、9月11日(日)です。
関心のある方は 自己尊重プラクティス協会のHPを ご覧ください。
「ほめ日記サポーター」の認定を受けられます。
詳細はコチラ(自己尊重プラクティス協会)をご覧ください。http://sepa-t.my.coocan.jp/jhaks1.htm

気持が沈んだら 「ほめソング」を聞いて 元気になってください。 
  Youtubeでお聞きください。↓
https://www.youtube.com/watch?v=wKJPKHhk8tw

ブログもやっています。ご愛読ありがとうございます。
  URL →  http://ameblo.jp/homecchi/

 読者になってくださいね。二つのランキングのボタンと
「いいね」ボタンを 一日一回 押してくださ〜い。

ホメッチほめっちボタンも 復活しました!
コメントもお待ちしています。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪